Q&A

Q.告訴とは何ですか?

犯罪の被害者が捜査機関に対して、自ら犯罪事実を申告し、犯人の刑事処罰を求める意思表示です。「きちんと捜査し処罰してもらいたい」と意思表示するもので、民事裁判による損害賠償請求ではありません。

Q.告発とは何ですか?

被害者でも犯人でもない第三者が、捜査機関に犯罪事実を申告し、犯人の処罰を求める意思表示のこと。

Q.被害届けとは違うのですか?

被害届けは、被害の事実は申告しますが、犯人の処罰を求める意思表示は含みません。被害届けでは、捜査機関が捜査をする義務は発生しません。

Q.裁判をするのですか?

告訴・告発は、自分たちが原告となって民事裁判を起こす(訴訟を提起する)ことではありません。

Q.福島県民でなくても告訴できますか?

福島原発事故の被害者は福島県民にとどまりません。 被害を受けた者であれば誰でも告訴できます。 自身が被害者ではない場合は告発します。

Q.誰を告訴・告発するのですか?

東京電力の取締役や、原子力行政に携わってきた原子力安全・保安院や原子力安全委員会の専門家などを告訴・告発します。こちらに告訴人のリストがありますので、ご確認ください。

Q.どのような罪を問いますか?

事故を発生させた責任と、被害を拡大させた責任を問います。「業務上過失致死傷罪」や「公害犯罪処罰法」などに該当すると考えます。

Q.参加するにはお金が必要ですか?

告訴団に参加される方は、お一人一口(1,000円)の会費の納入をお願いします。何口でも歓迎です。

Q.なぜ会費が必要なのですか?

会費は、告訴を行うための、弁護団の経費、印刷代、郵便代、説明会開催費に使わせて頂きます。

Q.告訴してる事を、知られたくない場合どうしたらいい?
入会時にその旨をご連絡ください。告訴に関する報告などを郵便で行う予定ですが、必要ない方には送らないようにできます。

Q.東電やほかの機関に情報が漏れる事はありますか?
検察から情報が漏れる事はありません。また、告訴団でも個人情報は厳重に管理させて頂くのでご安心ください。

Q.子どもでも告訴できますか?
大丈夫です。大人と同じように書いてください。
自筆が出来ない幼児などは、法定代理人として親権者が署名・捺印して、代筆しても大丈夫です。分からない事があれば事務局までご連絡ください。

Q.外国籍でも告訴できますか?
大丈夫です。通常の告訴の仕方で問題ありません。
分からない事があれば事務局までご連絡ください。