9/27(土)
武藤類子・小森陽一・アーサー・ビナード講演会
『日本語を取り戻す-札幌から福島は見えますか-』

武藤類子・小森陽一・アーサー・ビナード講演会

安倍首相の言う『日本を取りもどそう」のウソに騙されないために
日本語の「嘘との闘い方」を2人の文学者が鋭く語ります。

2014年9月27日(土) 13時30分~17時
会場:日本キリスト教団札幌北光教会 2階「ガリラヤ」
(札幌市中央区大通西 1 丁目 14  テレビ南塔向かい)

9/27 武藤類子・小森陽一・アーサー・ビナード講演会画像をクリックすると、PDFでチラシのダウンロードが可能です。

 

■当日のプログラム
1時00分 開場
1時35分~ 基調講演 武藤類子さん
2時15分~ 対談 小森陽一さんとアーサー・ビナードさん
4時00分 休憩(10分間)
4時10分~ アーサー・ビナードさんの
絵本のお話とサイン会
5時00分 終了

講演会終了後アーサービナ―ドさんの著書のお話があります。
アーサーさんと小森さんの対談はかもがわ出版『泥沼はどこだ」のNO2です。

★チケット:
前売り 800円
当日1,000円
※大丸プレイガイド(011-221-3900)でも発売

★問合せ: 谷百合子(090-8426-5262)小西陽祐(090-5160-4230)
★主催:北海教区宣教部平和部門委員会

ー講師プロフィールー
アーサー・ビナードさん 1967年、米国ミシガン州生まれ。詩人、俳人、随筆家、翻訳家。エッセイ、絵本、ラジオパーソナリティなど幅広く活動を広げており、日本国内各地で講演活動等も行っている。

小森陽一さん 1953年、東京生まれ。北海道大学大学院文学研究科博士課程修了。成城大学助教授を経て、現在、東京大学大学院総合文化研究科教授。日本近代文学専攻。九条の会事務局長。『記憶せよ、抗議せよ、そして、生き延びよ―小森陽一対談集』(シネ・フロント社)など著書多数。

武藤類子さん 1953年福島県生まれ。福島県三春町在住。和光大学卒業、版下職人、養護学校教員を経て、2003年に里山喫茶「燦(きらら)」を開店。チェルノブイリ原発事故を機に反原発運動にかかわる。現在、「ハイロアクション福島」事務局、福島原発告訴団団長。著書に『福島からあなたへ』(大月書店)がある。