宇野田陽子さん講演会大好評のうちに終わる

2015年11月28日(土) 平和を創る人々


アジアのひとびとと共に原発を止めよう

安保関連法制可決後、武器輸出が公然と行われるようになり、原発の輸出も加速しています。国内原発の再稼働が相次ぎ、45トンにもなるプルトニュームが国際問題になっています。沖縄・安保・原発・TPP等私たちの生活が土台から崩れ始め、留まるところを知りません。平和を創るのは一人ひとりの市民であり、活動を続けているグループの継続の力です。世代を越えて、活動している仲間と情報を交換し「平和を創るため」の時間を持ちます。

原発輸出と武器輸出の企業は、ほぼ重なっています。
お話の中で、緊急を要すると思ったのは、インドです。
安倍首相は、インドを訪れ日本からの原発輸出を推進しこの12月にも原子力協定を結ぼうとしています。
インドは、核保有国です。NPTにも加盟していません。
隣国パキスタンとの状況を考えると、危険を売りに行くようなものです。
安保法制は、原発輸出・原発再稼働とともに考えなければ、『核』の問題は解決しません。
日本が原発を輸出することで、アジアの大勢のひとびとが苦しみを背負うことになります。
アジアへの原発輸出に反対することが日本の原発の再稼働を止める事にもなります。

アジアのひとびとと共に原発の廃炉を!

本も買えますよ!  北海道キリスト教書店(〒060-0807 北海道札幌市北区北7条西6丁目)でも売っています! AMAZONでも買えます。
「原発をとめるアジアの人びと」ノ―ニュークス・アジアフオーラム編著
発行 創史社 発売 八月書館 1500円+税

宇野田陽子さんチラシ表PDF
宇野田陽子さんチラシ裏PDF





――以下、レジュメより――

アジアの人々から見た日本の原発・原発輸出・武器輸出

 

宇野田陽子(NNAF事務局) 

 

はじめに:アジアの反原発運動と日本の原発輸出

 

福島原発事故後の世界で進む原発輸出
暴走する日本の原発輸出・・・法的な問題から倫理的な問題まで
国境を越えて結託する原子力産業・・・原子力産業は軍需産業でもある!
輸出先の人々にふりかかる不幸・・・私たちの想像を超える事態が起きている

 

アジアの反原発運動の歴史を概観する

 

1990年代前半:各地で連綿と続いてきた反原発運動
民主化運動と連動した反原発運動・独裁政権下で推進された原発
1990年代後半:原発輸出への旋回に抗う
バターン原発の復活に抗う・日本からの原子炉の輸出;台湾第4原発
2000年代;日本初の原発輸出への激しい抗議
第二の侵略、ついに輸出された日本製の原子炉・そしてこう着状態に
2011年3月11日以降;福島原発事故などなかったかのように
原発輸出の主戦場となったインド・原発は民主主義のないところに流れ込む

 

アジアの反原発運動と私たち

 

原発輸出のための地ならしが進む;国内の制度、そして強権的な政権とのなれ合い
再稼動と原発輸出は表裏一体

 

反原発と反核・反戦を区別して考えない;フィリピン、インドの事例から
未来を原子力産業に手渡すわけにはいかない

 

 

 

<インド>

 

反原発運動の始まり・深刻な事故が続いたインドの原発・98年の核実験の衝撃・反原発運動の素顔・ジャドゥゴダウラン鉱山・米印原子力協定がこじ開けた巨大原発市場・福島原発事故が与えた衝撃・非暴力に徹したクダンクラム原発反対運動

 

 

 

<トルコ>

 

チェルノブイリ原発事故の衝撃と影響・40年に渡るアックユ原発建設反対運動・いくつもの核スキャンダル・日本が輸出するシノップ原発・トルコという国

 

 

 

<ベトナム>

 

原発を巡る日本とベトナムの関係の深まり・・・「一党独裁で進めやすいのが利点」?!

 

日本が第二原発を受注・命がけで原発反対を表明するベトナムの人々・ベトナムへの原発輸出をどう食い止めるか

 

<台湾>

 

毎年行なわれる大規模なデモ・蘭嶼島、核廃棄物と闘う先住民族・日本からの原子炉輸出・我是人、我反核・非暴力直接行動・国会占拠・台湾から私たちが学ぶこと

 

 

 

<フィリピン>

 

完成したのに動かされない原発・だれがもうけて、だれがはらうのか・軍事独裁政権下での反原発運動とは・バターン原発復活を許さない・若い活動家たちと共に

 

 

 

<まとめ;原発と武器でもうける日本でよいはずがない!>

 

核の連関の中にある私たち;原発を切り口にして見えてくる不正義を広く視野に入れて

 

原発は、より民主主義のないところへ流れ込む

 

原子力協定の交渉に浮かび上がる軍事協力

 

原発輸出の強引な推進から見えてくる、武器輸出との関係

 

アジアの人々のたたかいを知り、日本のたたかいを伝えたい

 

私たちに何ができるか・・・一人ひとりが声をあげ「100万通りの」やり方で

 

 

 

 

 

ノーニュークス・アジアフォーラムとは?

 

核も原発もないアジアをめざす、アジア地域の反原発運動のネットワーク。提唱者の一人である韓国の金源植さんの「核の災禍に国境はない。我々が生き延びるためにいまこそ民衆による連帯が必要だ」との呼びかけを受けて、1993年に結成された。

 

 

 

<推進側の国際連帯?!>

 

70~80年代からアジア各国は原発建設計画を推進。原発輸出を拡大するため、日本がそれを牽引してきた。日本は、毎年「アジア地域原子力協力国際会議」を開催(2000年以降は「アジア原子力協力フォーラム」と改称)、多数の研修生を受け入れるなどの技術協力、韓国・台湾とは毎年2国間で協力会議を開催、東南アジアにも毎年官民大規模ミッションを派遣、PAも指導してきた。

 

 

 

<だったら民衆はそれを凌駕する連帯を!>

 

各国で原発をとめ、日本からの原発輸出を止めていくためには、民衆レベルでの交流と連帯が不可欠であること、原発事故に関してアジア各国は運命共同体であることからスタートしたネットワーク。第1回NNAFが1993年に日本で開催。

 

最前線でたたかっている人が励まされるようなフォーラムであることを目指す。

 

フォーラムには、8~10ヶ国・地域から集まり、情報の交換、経験の交流、共同の行動を積み重ねてきた。アジア各国の原発現地・原発予定地・核廃棄物処分場候補地の人々をはじめ、ぼう大な人々が参加し、お互いに学びあい、お互いに励ましあってきた。フォーラムのとき以外にも、連絡を取り合って情報を交換したり、ひんぱんに、いったりきたりしている。原子力産業協会の機関誌で「アジアへ反原発運動が輸出されている」と表現されたことも。

―――――


福島原発告訴団ニュース北海道(経過報告)

「福島原発告訴団」ニュース

2012年6月に、東京電力福島第一原発事故をめぐり、福島原発告訴団が業務上過失致死罪で旧経営陣を起訴すべきと告訴状を提出していた議案に対し、2015年7月31日、東京大五検察審査会が旧経営陣に対し起訴相当の議決出した。これから勝俣恒久元会長、武藤栄元副会長、武黒一郎元副社長らは裁判所が指定した検察官役の弁護士に強制的に起訴される。検察官が過失は問えないとして不起訴にしていた議案を市民で構成される検察審査会が起訴の判決を出し、やっと東京電力に強制捜査が入り消し去られようとしていた事故の調査が始まることになった。

北海道からも400人を超える告訴人の支援があり、これからも物心ともに御支援をお願いします。

福島原発告訴団北海道はネットや集会で裁判の報告をして行く所存です。今後ともよろしくお願いいたします。

福島原発告訴団北海道   谷百合子

9/27(土)
武藤類子・小森陽一・アーサー・ビナード講演会
『日本語を取り戻す-札幌から福島は見えますか-』

武藤類子・小森陽一・アーサー・ビナード講演会

安倍首相の言う『日本を取りもどそう」のウソに騙されないために
日本語の「嘘との闘い方」を2人の文学者が鋭く語ります。

2014年9月27日(土) 13時30分~17時
会場:日本キリスト教団札幌北光教会 2階「ガリラヤ」
(札幌市中央区大通西 1 丁目 14  テレビ南塔向かい)

9/27 武藤類子・小森陽一・アーサー・ビナード講演会画像をクリックすると、PDFでチラシのダウンロードが可能です。

 

■当日のプログラム
1時00分 開場
1時35分~ 基調講演 武藤類子さん
2時15分~ 対談 小森陽一さんとアーサー・ビナードさん
4時00分 休憩(10分間)
4時10分~ アーサー・ビナードさんの
絵本のお話とサイン会
5時00分 終了

講演会終了後アーサービナ―ドさんの著書のお話があります。
アーサーさんと小森さんの対談はかもがわ出版『泥沼はどこだ」のNO2です。

★チケット:
前売り 800円
当日1,000円
※大丸プレイガイド(011-221-3900)でも発売

★問合せ: 谷百合子(090-8426-5262)小西陽祐(090-5160-4230)
★主催:北海教区宣教部平和部門委員会

ー講師プロフィールー
アーサー・ビナードさん 1967年、米国ミシガン州生まれ。詩人、俳人、随筆家、翻訳家。エッセイ、絵本、ラジオパーソナリティなど幅広く活動を広げており、日本国内各地で講演活動等も行っている。

小森陽一さん 1953年、東京生まれ。北海道大学大学院文学研究科博士課程修了。成城大学助教授を経て、現在、東京大学大学院総合文化研究科教授。日本近代文学専攻。九条の会事務局長。『記憶せよ、抗議せよ、そして、生き延びよ―小森陽一対談集』(シネ・フロント社)など著書多数。

武藤類子さん 1953年福島県生まれ。福島県三春町在住。和光大学卒業、版下職人、養護学校教員を経て、2003年に里山喫茶「燦(きらら)」を開店。チェルノブイリ原発事故を機に反原発運動にかかわる。現在、「ハイロアクション福島」事務局、福島原発告訴団団長。著書に『福島からあなたへ』(大月書店)がある。

 

インドの反原発映画「ハイ・パワー:大いなる力」北海道で明日・明後日公開

インドから映画監督が来日して、日本を縦断しながら「ハイ・パワー:大いなる力」という映画を上映し、講演を行っています。今日から8月24日までの3日間、このプラディープ・インドゥルカー監督は北海道に来ていて、札幌と仁木市で上映を行います。

現在安倍首相は、インドの新首相となったBJP党のモディ首相とともに、日印原子力協定を締結しようとしています。このタイミングに合わせて、新しく建設予定のジャイタプール原発反対運動にかかわるインドゥルカー監督が全国を回っているということです!お見逃しなく!

 

  • 8月23日(土)北海道札幌市 札幌エルプラザ
    住所:札幌市北区北8条西3丁目(JR札幌駅北口の前)
    札幌エルプラザ 大研修室
    18:30~(会場18:00)  参加費 1000円
    お問い合わせ 北海道反原発連合 info@h-can.net
  • 8月24日(日)北海道余市郡・仁木市『おおいなる映画祭in赤井川&仁木』@山の家きょうどう
    住所:
    午前の部は10時から赤井川にて映画「ある精肉店の話」と野菜などの交易市場
    午後の部は13時からラビラビのコンサート+「明るい未来のためにできること!」をテーマにしたトーク
    「ハイ・パワー:大いなる力」の上映と監督のトークは15時から!
    参加費:1200円
    https://www.facebook.com/events/862146403813258/

8月4日 福島原発告訴団  いわき集会


 8月3日 千歳空港。 夏休みに福島から北海道に避難していた子どもたちの1時帰宅と出会った。


いわきでの集会。イジョンミさんの歌。朝露が共感を呼んでいた。


海人弁護士の説明から。


保田弁護士

 

河合弁護士。お話の途中で突然『飯舘村の歌を歌います」と歌いだした。

合唱団現役とのこと。いい声でした!

講談師 神田かおりさん  はだしのゲンの講談で有名!大フアンになってしまった。名刺交換して本も買いました。ぜひお招きしたい方です。

いわき市内をデモしました。親切なかたに持っていただきました。

 

 

バスで楢葉町へ向かいました。緑の田んぼが除染したビニールでどこも真っ黒。

楢葉町の駅。津波のひどさが伺える。

誰もいない

 頑丈なマスクをしてバスから降りました。

楢葉の駅。この人は誰?

河合弁護士。歌の練習?

ここからは汚染がひどく入れません

 

 

 

 

 

7月6日 「世界一受けたい憲法の授業」

「憲法祭り」

「世界一受けたい憲法の授業」
7月6日(土)

北海道クリスチャンセンタ―2階ホール
札幌市北7条西6丁目(011-737-1721

時間割

朝礼  校長先生のお話   10時30分~11時

憲法の授業         11時~11時45分

給食            11時45分~12時30分

昼休み 放送の時間     12時30分~1時

帰りの会 教頭先生のお話  13時~13時30分

掃除の時間         13時30分~14時

 

給食代 当日 300円    前納200円(給食代前納チケット200円販売しています)

当日の給食   焼きそば たこ焼き  ご飯 など

憲法改正の噂がちらほらありますが、皆さんどう思われますか。

今回は牧口先生に憲法のことをわかりやすく授業してもらいます。

授業を受ける生徒のつもりでおいで下さい。

主催   北海教区宣教部門 平和委員会

お問い合わせ 札幌富丘教会伝道所・手稲はこぶね教会

(011-682-7059   090-2580-2418  原)

6/22(土)本当は怖い地球の汚染

本当は怖い地球の汚染

日本人は生き残れるのか?

6月22日(土) 1時~
会費:300円 (高校生以下無料)
エルプラザ環境研究室

今回は、インターネット情報の真偽のほどを大郷さんい話して頂きます。
子宮頚がんの真相、CIA情報、ネット上の原発情報の真偽などなど
マスコミに載らないネット上の情報を審査します。

原発・地震・食品汚染・遺伝子組み換え・・・
周りを見渡すといのちを脅かす沢山の危険の中を
私たちは生きています。
天災は忘れたころにやってくると言いますが、人災の
真相を私達はどこまで知っているでしょうか?
マスメディアが明らかにしない真相を追究し、防げる
人災から身を守りませんか?

お話する方   大郷芳明さん

5月31日、日比谷野音での福島原発告訴団集会に行きました。

5月31日東京・日比谷野外音楽堂での福島原発告訴団集会がありました。

私も会場に行き、グリーナムコモンの歌「われら揺るがず」を歌いました。

4月18日に亡くなった長沼の飛島詩子さんのメッセージを読んできました。
会場のみなさんが深くこころに響いたと仰って下さいました。
詩子さんの願いをみんなで受け継いでいきます。

以下リンクは、
当日の様子を紹介している佐藤かずよしさんのブログです。
http://skazuyoshi.exblog.jp/20585367/

武藤類子さん講演会 6月25日(火)


福島の叫びを聞いて下さい

武藤類子さん講演会

ハイロアクションプロジェクト福島
福島原発告訴団団長  
福島県三春町在住

6月25日(火)18時開始
札幌エルプラザ2階 環境研究室
 札幌市北区北8西3(011-728-5888)環境プラザ
 福島原発告訴団 上映
  参加費  500円 高校生以下無料
連絡先  011-213-7544(谷)

武藤さんを囲んで(映画上映会)
6月25日(火)14:00-16:00(上映は20分です)
エルプラザ4階 男女共同参画室1
『100人の母たち』亀山のの子さんの映画を上映します。

福島原発告訴団報告
地脇美和さん(告訴団事務局長)

国は国民を守らないのだ
事故はいまだに終わらないのだ
福島県は核の実験材料にされるのだ
ばくだいな放射能のゴミは残るのだ
大きな犠牲の上になお、原発を推進しようとする勢力があるのだ
私たちは棄てられたのだ
 福島からあなたへ  大月書店 武藤類子著より

主催  福島原発告訴団北海道
    平和と環境を考える市民の会
    無防備平和のまちをつくる札幌市民の会

協賛  フェミニスト神学研究会    日本キリスト教婦人矯風会札幌
    脱原発をめざす女たちの会北